headband

腎臓に良い食べ物

HOME >> 腎不全で透析を受けている人の寿命!余命はどのくらい?

腎不全で透析を受けている人の寿命!余命はどのくらい?

腎不全の透析開始で心配となる寿命
腎臓の機能が著しく低下して、腎不全にまで陥ってしまった患者さんは、透析による治療を受ける必要があります。

腎臓病が悪化して、担当の医師から透析を進言された患者さんというのは、やはり気になるのは自分の寿命についてということになるでしょう。

もしかしたら、自分の命は風前の灯と受け止めて余命について真剣に考えてしまうかもしれませんからね。

それでは実際に、透析の治療を受けた患者さんの寿命は、データ的にはどの程度だったのでしょうか?


腎不全の透析開始で平均寿命は5年
腎不全となった患者さんが、透析による治療を開始した場合、その方たちの平均寿命は5年と言われております。この5年という数字は、透析による治療を開始してから命が燃え尽きるまでの平均的なものということになります。

5年という数字だけを考えてしまいますと、生きるための希望が失われてしまうかもしれませんね。

しかしながら、透析による治療をうけている患者さんの50%くらいの人たちが、70歳という年齢を越えているということもあって、腎不全及び合併症で亡くなられたのか、あるいは寿命だったのかということは判別できなかったというのが実情です。



20年以上生存している人もいます
透析の治療をうけている患者さんの50%程度は、70歳を越えていることは前述した通りであります。しかし残りの50%の患者さんの年齢層は様々なのです。

例えば、20歳代という若い世代で透析の治療を受けている患者さんというのは、20年以上にわたって生き抜いている方が少なくないのであります。要するに透析治療は、年齢が高くなればなるほど平均寿命が短くなるということですね。

ということで、もしあなたが透析治療を開始したとして、平均寿命を知りたいということであれば、ご自身の年齢に合わせた平均寿命を確認する必要があるでしょう。


平均寿命はあくまでも平均値です
透析患者さんの平均寿命というのは、あくまでも平均寿命ですから、それ以上に長く生き抜くことができる可能性は充分にあるわけですね。また、めざましく発展する医療技術の進化で、新しい治療方法が確率される可能性だってあるわけです。

具体的に言いますと、以前より大きな話題となっております“iPS細胞(万能細胞)”が実用化ということにでもなれば、ご自身の細胞から腎臓を作り出すことも夢ではなくなるのです。

様々な分野の患者さんが大きな期待を寄せるiPS細胞が、早く実用化されるといいですね。

pagetop

腎臓に良い食べ物

腎臓に良いサプリメント

腎臓病の原因

腎臓病の症状

腎臓病の治療

腎臓病の予防

腎臓に良い食べ物

腎臓に良いサプリメント

腎臓病の原因

腎臓病の症状

腎臓病の治療

腎臓病の予防

Copyright(C) 2012 腎臓に良い食べ物 All Rights Reserved. FXの取引コスト