headband

腎臓に良い食べ物

HOME >> 腎機能が正常か判断できるクレアチニンの数値の正常値

腎機能が正常か判断できるクレアチニンの数値の正常値

腎機能の状態が分かるクレアチン
皆さんも、毎年定期的に健康診断を職場で受けていると思います。そして定期健康診断では多くの場合、血液検査が実施されるはずです。

血液検査の項目の中の一つにクレアチニンがあるわけですね。皆さんは、血液検査の詳細なデータは確認されていますか?

クレアチニンは、クレアチンと呼ばれる筋肉が運動する際のエネルギー源が代謝されることで生成される物質です。そしてこのクレアチンは、腎機能が正常であれば尿とともに体の外へと排出されるのです。

そんなことから、クレアチンの数値を測ることで腎機能が正常に働いているかどうかを判断することができるわけですね。もし、クレアチンの数値が高い、要するに血液中にクレアチンが多いということであれば、腎機能に異常が発生していることになります。


クレアチニンの正常値って?
クレアチニンの正常値がどのくらいかと申しますと、下記のような数字になります。

・成人男性の場合・・・0.6〜1.2mg/dl
・成人女性の場合・・・0.4〜0.9mg/dl


クレアチニンの数値は、筋肉の量に影響されますので、やはり女性よりも男性の方が高くなりますね。上記の数値を上回っても、あるいはその反対に下回っているケースでも腎臓に異変が発生している疑いがあります。


体調に影響されることもあります
クレアチンの数値が、上記の正常値以外だったとしても、それだけで腎臓に異変が発生していると決めつけるわけにはまいりません。色々な検査でも同じことが言えますが、検査を受けた日の体調で数値が影響を受けることがあるのです。

たまたま、クレアチンの数値に異常値が出てしまったということも考えられますので、あらためて病院で検査を受けるべきでしょう。もちろん、体調に異変を感じているようであれば専門の医師に相談する必要がありますね。

クレアチニンの数値に異常が見つかった場合は、くれぐれも放置するようなことがないようにしてくださいね。

pagetop

腎臓に良い食べ物

腎臓に良いサプリメント

腎臓病の原因

腎臓病の症状

腎臓病の治療

腎臓病の予防

腎臓に良い食べ物

腎臓に良いサプリメント

腎臓病の原因

腎臓病の症状

腎臓病の治療

腎臓病の予防

Copyright(C) 2012 腎臓に良い食べ物 All Rights Reserved. FXの取引コスト