headband

腎臓に良い食べ物

HOME >> 急性腎盂腎炎と慢性腎盂腎炎

急性腎盂腎炎と慢性腎盂腎炎

※「腎盂炎とは?」からの続きです。

急性腎盂腎炎の症状
急性腎盂腎炎の症状としましては、発熱や悪寒、そして背部痛などが上げられます。

これらの症状は、かなりハッキリとした形で現れますので、身体に何かしらの異変が起きていることを自覚できると思いますので、我慢などせずに病院に行ってくださいね。


急性腎盂腎炎の治療にあたっては、抗生物質が使われることになります。抗生物質での治療は、急性腎盂腎炎かなり効果的な治療方法になりますので、早期に治療を開始すれば、治りもまた早いはずです。

しかしながら、症状が治まった場合でも完治していないケースもあります。そうすると慢性化しかねないので注意する必要があります。

症状が治まったからといって、自己判断して病院に行くのを止めてはいけません。完治の判断は病院に医師に任せましょう。


慢性腎盂腎炎
慢性腎盂腎炎は、前述した通りの急性腎盂炎を完治させなかったことから、その影響が腎臓の内部にまで及んでしまって慢性化した状態のことになります

慢性腎盂腎炎の症状としましては、腰痛や微熱、そして全身にまで広がった倦怠感などを上げることができます。ただし、慢性腎盂腎炎は急性腎盂炎と異なり、ハッキリと症状を自覚できないケースも多く見られます。

また慢性腎盂炎は、腎結石や前立腺肥大が原因になることもあります。これらの病気によって、尿の出が悪くなると発症してしまうんですね。


慢性腎盂炎の治療にあたっては、急性腎盂炎と同様に抗生物質が使われることになりますが、この段階になると短期間で治ることは少なく、治療期間としては長くなる場合が多いです。

腎盂炎を完治させるためには、とにかく早期に治療を始めることです。したがいまして、急性の段階で、症状を自覚したのであれば速やかに病院に行って治療を受けてくださいね。

pagetop

腎臓に良い食べ物

腎臓に良いサプリメント

腎臓病の原因

腎臓病の症状

腎臓病の治療

腎臓病の予防

腎臓に良い食べ物

腎臓に良いサプリメント

腎臓病の原因

腎臓病の症状

腎臓病の治療

腎臓病の予防

Copyright(C) 2012 腎臓に良い食べ物 All Rights Reserved. FXの取引コスト