headband

腎臓に良い食べ物

HOME >> 慢性腎炎の症状と原因

慢性腎炎の症状と原因

1年以上続くタンパク尿や血尿
慢性腎炎と呼ばれる腎臓の病気がありますが、皆さんはご存じですか?

慢性腎炎は、当然ことながら腎臓病の一つなわけですが、色々とある腎臓病、例えば代表的なものとして「慢性腎不全」「腎癌」「腎結石」「ネフロ−ゼ症候群」とある中で最も発症する人が多い病気が、実は「慢性腎炎」なんですね。

慢性腎炎は別名で「慢性糸球体腎炎」とも呼ばれておりますが、腎臓に異変が発生して、一年以上に渡ってタンパク尿や血尿が続くと慢性腎炎と診断されることになります

タンパク尿というのは、尿に石鹸が混入しているようにブクブク泡だったりします。また、水洗で流した後も泡が残っているようであればタンパク尿の可能性が高くなります。


自覚できないタンパク尿や血尿
血尿は、全てのケースで赤くなるわけではありません。尿が赤くならなくても血尿というケースもありますので、自己診断はできないこともあります。

タンパク尿や血尿と言いましても、症状がわずかで自覚できない場合もあります。そんなことから、腎臓の異変は健康診断などで判明することも少なからずあります。


慢性腎炎となって、身体に現れる異変としましては、次のような症状が出てくることがあります。それは、むくみや全身の倦怠感、頭痛、めまいやふらつくなど、そして肩こりという症状です。

それではなぜこのような慢性腎炎になってしまうのでしょうか?慢性腎炎の原因として考えられることは、免疫反応に異変が発生しているということや急性腎炎が慢性化したケースなどがあげられます。


※こちらに続きます。
>>>慢性腎炎の治療方法

pagetop

腎臓に良い食べ物

腎臓に良いサプリメント

腎臓病の原因

腎臓病の症状

腎臓病の治療

腎臓病の予防

腎臓に良い食べ物

腎臓に良いサプリメント

腎臓病の原因

腎臓病の症状

腎臓病の治療

腎臓病の予防

Copyright(C) 2012 腎臓に良い食べ物 All Rights Reserved. FXの取引コスト