headband

腎臓に良い食べ物

HOME >> 腎臓病の検査項目〜尿素窒素(BUN)〜

腎臓病の検査項目〜尿素窒素(BUN)〜

※「腎臓病の検査項目〜クレアチニン〜」からの続きです。

(2)尿素窒素(BUN)
尿素窒素もまたクレアチニンと同様に、腎臓の機能が低下してしまいますと濾過できなくなって血液中に蓄積されてしまいます。

血液中に尿素窒素が蓄積されますと、当然のことながら数値的には高くなってしまいますし、腎臓の機能低下の疑いが濃くなってしまうわけであります。

ですから血液検査で尿素窒素の数値が高い場合は、腎臓に何らかの問題が発生していると考えた方がよいでしょう

ただし、数値的には腎臓の機能障害以外に、タンパク質の過剰摂取であるとか、甲状腺機能亢進症というケースでも高い数値になることがあります。


※尿素窒素(BUN)の正常値:9〜21dl
私たち人間が、タンパク質を摂取しますと代謝されて、アンモニアになります。このアンモニアは、さらに代謝されて尿素窒素となるわけです。


◆尿検査
腎臓病かどうかを判断する場合、一番簡単な方法は尿検査です。尿検査をすることで、尿の中にタンパク質が存在するかどうか、あるいは赤血球のあるなしで腎臓が正常に機能しているかどうかを判断することができます

腎臓病の初期段階では、ほぼ無症状な状態にありますので、個人の努力で腎臓病かどうかを判断することは難しいと思います。

しかし、尿検査をすることで血尿やタンパク尿を見つけることができます。初期の段階では自覚症状のあまり現れない腎臓病を早期に発見するためには尿検査をする必要があります。

pagetop

腎臓に良い食べ物

腎臓に良いサプリメント

腎臓病の原因

腎臓病の症状

腎臓病の治療

腎臓病の予防

腎臓に良い食べ物

腎臓に良いサプリメント

腎臓病の原因

腎臓病の症状

腎臓病の治療

腎臓病の予防

Copyright(C) 2012 腎臓に良い食べ物 All Rights Reserved. FXの取引コスト