headband

腎臓に良い食べ物

HOME >> 腎臓病の検査方法とは?

腎臓病の検査方法とは?

2000万人もいる腎臓病予備軍
国民病という言葉がありますが、これはある病気が多くの人たちを悩ますことからこのような名称を奉られるわけであります。

このような国民病ですが、真っ先に上げられるべき病としては「花粉症」があります。毎年花粉の季節になりますとたくさんの人がくしゃみや鼻詰まり、そして目の痒みを訴えますから、「花粉症」が国民病と言われることは、これは誰もが納得することと思います。

ところで腎臓病もまた国民病と言われているのです。日本の国内だけでなんと、およそ2000万人もの腎臓病予備軍が存在するということですので、この数字を見れば腎臓病が国民病と呼ばれるのも納得で来るのではないでしょうか?


健康診断は必ず受けましょう
腎臓病の予備軍という言われ方から察するに、患者本人にあまり自覚できる症状がないことから、病気と分かっていないというのが現実なのかもしれません。

それでは腎臓病について、どのような検査をすれば病気の有無を確認できるのでしょうか?一般的な勤務先であれば、年に一度は定期健康診断を実施してくれることと思います。

健康診断の血液検査と尿検査を受ければ、腎臓に異常があるなしの判断ができます。通常は健康診断で数値的に問題があれば再検査ということになりますね。


血液検査と尿検査の結果、腎臓病の疑惑があるということであれば、腎生検が実施されることもあります。

腎生検というのは、腎臓まで穿刺針を背中から刺し通します。そして腎臓の組織を少しばかり採ってから顕微鏡でチェックする検査方法です。

腎生検を実施することで、腎炎や腎硬化症、そして腎不全などの腎臓疾患を診断することができます


※こちらに続きます。
>>>腎臓病の検査〜クレアチニンの数値〜

pagetop

腎臓に良い食べ物

腎臓に良いサプリメント

腎臓病の原因

腎臓病の症状

腎臓病の治療

腎臓病の予防

腎臓に良い食べ物

腎臓に良いサプリメント

腎臓病の原因

腎臓病の症状

腎臓病の治療

腎臓病の予防

Copyright(C) 2012 腎臓に良い食べ物 All Rights Reserved. FXの取引コスト