headband

腎臓に良い食べ物

HOME >> 腎臓癌発見に有効な画像診断

腎臓癌発見に有効な画像診断

※「腎臓癌と腎細胞癌」からの続きです。

画像診断で早期発見も可能
腎臓癌は自覚症状の少ない病ということもあり、なかなか初期の段階で見つけることの難しい病気であると言われてまいりましたが、今の時代はCTスキャンや、超音波検査、MRIと言う画像診断という医療技術のお陰で早期発見も可能になったわけであります

ただ当然のことではありますが、本人が検査を受けなければ腎臓癌が発見されることはありません。ということで定期健診は必ず受けるようにしましょう。


さて、腎臓癌はなぜできてしまうのでしょうか?腎臓癌発症のメカニズムは未だ完全に解明されているわけではありません。

皆さんもご存知の通り、腎臓は左右に二つあります。一般的に腎臓癌は、どちらか一方に発生しますが、両方にできてしまうことがないわけではありません。

また、男性の方が女性よりも発症件数が多く統計上の男女比率は3:1という数字になっておりまして、年齢的には40歳以上での発症例が多くなっています。


腎臓癌の9割が腎細胞癌
腎細胞癌という病名は腎臓癌のことを指す場合が多いわけですが、それは腎臓癌の中に腎細胞癌の占める割合が90%という実態があるからなんですね。

腎細胞癌以外には、腎盂にできる腎盂癌であるとか、子供にできやすい「ウィルムス腫瘍(腎芽腫)」などもあります。

腎臓癌の治療方法には手術がありますが、その内容としましては腎摘出術や腎部分切除術などが行われます。そして癌の状態や本人の症状に合わせて手術の方法も選択されることになります。


腎臓癌の治療は早期に発見してでき得るかぎり、早く治療を始めることが重要になります。

そして、腎臓病の発見には画像診断が大変役に立ちますので、仮に自覚症状がないような場合でも定期的に検査を受けることがあ地説なのです。

pagetop

腎臓に良い食べ物

腎臓に良いサプリメント

腎臓病の原因

腎臓病の症状

腎臓病の治療

腎臓病の予防

腎臓に良い食べ物

腎臓に良いサプリメント

腎臓病の原因

腎臓病の症状

腎臓病の治療

腎臓病の予防

Copyright(C) 2012 腎臓に良い食べ物 All Rights Reserved. FXの取引コスト