headband

腎臓に良い食べ物

HOME >> 高血圧と腎臓病の関係

高血圧と腎臓病の関係

※「塩分が腎臓に与える影響」からの続きになります。

血液を濾過しきれない
塩分を摂り過ぎますと、腎臓への負担が大きくなって血液を濾過しきれなくなってしまいます。

そうすると、ナトリウムが体の中に増えてしまい高血圧の症状となって現れてくるわけなのです。


このような高血圧の状態が長期間続いたりしますと、ますます腎臓には負担がかかって腎臓病が悪化することになってしまいます。

そうならないためにはどうしたら良いのでしょう?・・・といいますか、そもそもの原因が塩分の摂り過ぎなわけですから、これはもう塩分を控えましょうということになりますね。


塩分摂取量の目安
高血圧を防止するためには、腎臓病治療で効果があるとされれている食事療法を行うことで、塩分の摂取する量を適切にコントロールする必要があります。

このような食事療法で目標とする塩分の一日の摂取量は、通常5〜7グラムくらいに抑制するよう説明されます。


食事療法の中で注意すべき食品としましては、ハムやソーセージ、そしてかまぼこなどのような魚肉練り製品は想像以上に塩分の量が多いので食べるのは控えた方が良いでしょう。

だからと言って、必要以上に塩分摂取を控えたりしますと、それはそれで影響が出てくるわけでありまして、多尿期に低ナトリウム血症に陥ることも考えられますのでご注意ください。


高血圧とか、むくみが出ているようなケースでの塩分制限は、腎臓の機能の病状に合わせた量である必要があります。ですから、医師の指示に基づいた食事療法を行うようにしてください。

よくお医者さんと相談しましょうということですね。

pagetop

腎臓に良い食べ物

腎臓に良いサプリメント

腎臓病の原因

腎臓病の症状

腎臓病の治療

腎臓病の予防

腎臓に良い食べ物

腎臓に良いサプリメント

腎臓病の原因

腎臓病の症状

腎臓病の治療

腎臓病の予防

Copyright(C) 2012 腎臓に良い食べ物 All Rights Reserved. FXの取引コスト