headband

腎臓に良い食べ物

HOME >> 塩分が腎臓に与える影響

塩分が腎臓に与える影響

塩分摂取量の目安
よく塩分の摂り過ぎには注意しましょうと、よく言われておりますが、このことって皆さんも食生活の中で心がけていらっしゃるでしょうか?

そもそものお話、目安となる食塩の一日の摂取量ってご存知ですか?

厚生労働省には、目標としている食塩の一日の摂取量があるんですよ。

その量というのは男性の場合、10グラム未満となっています。
そして女性の場合は8グラム未満です。


それでは現実問題として、今の時代の日本人の平均食塩摂取量は、男性が12グラムで女性は10.3グラムとなっているんですね。

ということで、日本人の塩分の摂取量というのは、厚生労働省の目標値と比較して多いというのが実情なのです。


塩分過剰摂取の弊害
ところでこの塩分の摂取量が多いと、実際にどのような弊害が人体に現れてくるのでしょうか?もちろん個人差はありますけどね。

その弊害にはまず高血圧が考えられます

そしてこの高血圧の症状は、腎臓の機能が大きく影響してくるわけなのです。塩分をたくさん摂ってしまいますと、それを処理している腎臓へ負担がかかってまいります。


そうすると血液を濾過する仕事が、順調に行われなくなってしまいます。血液の濾過が滞りますとナトリウムが体の中に増えてしまい高血圧になってしまうわけです。

このような生活習慣病とも言われている高血圧の状態が、長期に渡って継続されてしまいますと、一層腎臓に負担をかけることになり、さらに腎臓病が進行してしまう危険性が高まるという悪循環に陥ることになります。


※こちらに続きます。
>>>高血圧と腎臓病の関係

pagetop

腎臓に良い食べ物

腎臓に良いサプリメント

腎臓病の原因

腎臓病の症状

腎臓病の治療

腎臓病の予防

腎臓に良い食べ物

腎臓に良いサプリメント

腎臓病の原因

腎臓病の症状

腎臓病の治療

腎臓病の予防

Copyright(C) 2012 腎臓に良い食べ物 All Rights Reserved. FXの取引コスト