headband

腎臓に良い食べ物

HOME >> クレアチニンの数値と筋肉の量

クレアチニンの数値と筋肉の量

クレアチニンからエネルギーを提供される筋肉
私たち人間の体は、筋肉を稼働させるときにクレアチニンという物質から提供されるエネルギーを使っております。

クレアチンリン酸というカロリーを貯めた物質であるクレアチンは、筋肉の中に存在します。そして筋肉を動かそうとするときクレアチンリン酸がクレアチンに変化して、その後エネルギーを出し切ったものがクレアチニンとなるわけです。


このようなクレアチニンも腎臓から尿へ、そして体の外へと排出されるわけです。当然、筋肉の量が多い人は、クレアチニンも高い正常値となります。

しかしながら、何らかの理由で腎臓機能が低下するようなことになりますと、クレアチニンが体外へ排出され無くなってしまいます


そうなると体の中に留まってしまいますので、その時点で仮に血液検査をすればクレアチニンの数値が高くなってしまうわけです。


クレアチニンの正常値
ちなみにクレアチニンの尿中の濃度の正常値は、男性が20〜26mg/kg/日で、女性が14〜22mg/kg/日となっております

クレアチニンは筋肉にとって欠くことのできない物質です。この物質は、先ほども触れましたが、筋肉の量によって体内に蓄積される量が異なります

したがいまして、男性と女性の性別によって筋肉の量に差がありますので、クレアチニンの数値に違いが出てまいります。


また子供、あるいは高齢者などのように筋肉の量が少ない世代は成人よりも平均値が低くなるのは当たり前のことですね。

もちろん、腎臓の機能が低下したような場合も、数値が高くなってしまいます。


【関連記事】
>>腎機能検査項目のクレアチニン<<

pagetop

腎臓に良い食べ物

腎臓に良いサプリメント

腎臓病の原因

腎臓病の症状

腎臓病の治療

腎臓病の予防

腎臓に良い食べ物

腎臓に良いサプリメント

腎臓病の原因

腎臓病の症状

腎臓病の治療

腎臓病の予防

Copyright(C) 2012 腎臓に良い食べ物 All Rights Reserved. FXの取引コスト