headband

腎臓に良い食べ物

HOME >> 腎機能検査項目のクレアチニン

腎機能検査項目のクレアチニン

老廃物の一種「クロアチニン」
クレアチニンとは、老廃物の一種です。これはクレアチンリン酸が筋肉へエネルギーを供給する際に分解されて代謝の産物として出てくるものなんですね。

さて体の中で正常に腎臓の機能が役割を果たしているかどうかを検査する方法としまして、血液検査があります。一般的に行われる健康診断などでも血液を検査して、その方の健康状態を調べることはよくあることだと思います。

その中で、腎機能を検査するための項目が「尿素窒素」と「クレアチニン」になります。


本来腎臓は、血液をろ過する役割を担っています。腎臓がろ過した老廃物が、体内に留まってしまい蓄積されますと中毒症状を起こしてしまいます。そうならないようにするために正常な腎臓は、老廃物を濃縮して尿中に排泄してくれるわけんなんですね。

そもそも老廃物というものは、規則正しく、そして極力速やかに体の外へと排出すべきものですから、滞りなく機能してくれなければ不具合が生じてしまいます。


利尿作用と血圧調整の役割
腎臓は、体内の水分量や塩分を調整するような利尿作用もあります。また、血圧を調整するという役割まで担っているんですね。これって人間が生きていく上で、とても大切なことなのです。

この血圧というものは、喫煙や過度の飲酒などの行為で上昇してしまいます。要するに喫煙や過度の飲酒は、腎臓にも負担をかけてしまうわけなのです。本当にタバコというのは100害あって一利もないという感じですね。


以上のように腎臓の機能は非常に大切なのですが、その機能が低下してしまいますと血液中のクレアチニンの数値が上昇してしまいます。


【関連記事】
>>クレアチニンの数値と筋肉の量<<

pagetop

腎臓に良い食べ物

腎臓に良いサプリメント

腎臓病の原因

腎臓病の症状

腎臓病の治療

腎臓病の予防

腎臓に良い食べ物

腎臓に良いサプリメント

腎臓病の原因

腎臓病の症状

腎臓病の治療

腎臓病の予防

Copyright(C) 2012 腎臓に良い食べ物 All Rights Reserved. FXの取引コスト